不動産名義変更を行なうには、登録免許税を納付する必要があります。

その手続きのためには、依頼と同時に司法書士への報酬が必要になります。

■不動産の評価額によって異なる登録免許税。

不動産名義変更にかかる費用は、不動産の評価額によって違ってきます。

必要になるのは登録免許税で、この手続きを司法書士に依頼した場合には、その分の報酬を別途で支払うことになります。

土地、建物(家、マンション)等の不動産名義を変更するには、法務局に出向いて申請手続きをします。

そのときに必要になるのが登録免許税です。

登録免許税は、不動産名義変更の内容によって税率が定められています。

■登録免許税の税率は一律0.4%~2%。

不動産名義変更に必要な登録免許税の税率は、0.4%~2%です。

依頼する司法書士によって税率・税金が異なることはありません。

ただし司法書士に対する報酬は、司法書士ごとに異なるので依頼時に確認しておきましょう。

通常、不動産名義変更だけでシンプルに事が完結するならどこの司法書士に依頼しても構いません。

■不動産名義変更に絡んで厄介なもめ事がある場合には、最初に依頼した弁護士事務所を通して司法書士を手配してもらいましょう。

不動産名義変更は、遺産分割(贈与)などに絡んで起きることが良くあります。

そのような場合は、すでにお世話になっている弁護士を通じて司法書士を紹介してもらいましょう。

日頃から一緒に仕事を行なっている仲なので、事の運びがスムーズ。

依頼者としても自分から連絡を取る手間が省けます。

【Check】不動産名義変更手続センター(土地・家・マンションの名義変更)

記事RANKING

MENU