不動産名義変更といっても、解決を急いでいる場合があります。

そんなときは直接弁護士事務所を訪問しましょう。

ただしアポイントメントは必要です。

■複雑な内容や急務のときは、直接会って相談するのも可。

電話やメールでやり取りするより、最初から弁護士事務所などに行って直接相談したいという人もいます。

不動産名義変更に絡んで派生した事柄を、一日も早く解決したいとか、不動産の売却を早く終えないと期限に間に合わないといった事情を抱えている場合もそうです。

弁護士事務所などは電話やメールに限定しているわけではないので、直接行って相談しても相談は無料で受け付けてくれます。

■法律事務所に訪問するときもアポイントメントは必須。

ただし弁護士や司法書士は、多忙で分刻みのスケジュールに追われていることが良くあります。

一日中外出して留守の日もあります。

無料相談を活用するのでも、有料でも、あるいは着手金を用意した依頼の態勢であっても、事前のアポイントメントは必須です。

本人がいなくても秘書が面談日時を決めてくれます。

■不動産名義変更に絡むトラブルは非常に複雑です。

面談して早く理解が得られるようにメモ書きを作りましょう。

「相談者が何をどのように解決したくて面談に来たのか」は、プロの弁護士であっても細かく聞き直すことがあります。

そういう時間の無駄を少しでも省略できるように、事前にメモ書きで整理しておきましょう。

自分でも感情や頭の中の整理ができます。

記事RANKING

MENU