不動産名義変更の手続きは、平均して1カ月程度です。

手続きが面倒かどうかは内容によって異なります。

想定外の出来事があれば長期を要することもあります。

■不動産名義変更の期間は平均して1カ月くらい。

不動産名義変更にもいろいろありますので、一概に1件に対してこれくらいの期間だとお伝えできるものではありません。

それを踏まえたうえで、スムーズに何事もなく名義変更の手続きができたとしたら1カ月、何か想定外のトラブルが起こったとすれば数カ月~数年かかることもあると認識しておきましょう。

【関連記事】不動産の相続 「共有名義」の放置はこんなトラブルを生む

■手続きがスムーズに終わるかどうかは内容次第。

不動産名義変更は、相続や贈与にかかわるもの、離婚に関係したもの、単純に不動産の売買に必要な手続きなどがあります。

不動産名義変更は、それによってかかる期間が違ってきます。

1番時間がかかる手続きは「相続」です。

役所に提出する必要書類が多くあり、それを揃えるのに時間がかかるからです。

ちなみに遺産分割などで被相続人がもめた場合には、一件落着までに数年を要することもあります。

■常識的に考えて依頼から不動産名義変更の手続き完了まで1カ月と見込んでおけば大丈夫です。

不動産の贈与・分割、離婚に関するもの。

あるいは不動産売買の手続きに関する場合は、もめ事がなく書類のやり取りさえ円滑にすすめば3週間~4週間で手続き完了となります。

ただし不動産名義変更にはたとえば本人でさえ忘れていた抵当権がかけられていて抹消手続きに時間がかかったなどの事例が多くあります。

注意しましょう。

記事RANKING

MENU